赤江珠緒さんはステキだった

●今年になり自宅で仕事をする時間が増えた。仕事をしているときはAMラジオを聞いている。radikoではなく電池式のトランジスタラジオだ。懐中電灯がついていたり非常用ブザーがついている防災対応型。父の家にあったものだが、聞く人がいなくなったのでうちにある。
●部屋の構造か位置関係か、FMが入りにくいので基本AM。いつも聞いているのはTBSラジオだ。森本毅郎・スタンバイ! からはじまり伊集院光とラジオと、ジェーン・スー 生活は踊る、たまむすび 、荒川強啓デイ・キャッチ!、アフター6ジャンクションから荻上チキ・Session-22 まで流しっぱなし。TBS漬けである。
●これまで午前中の番組は聞くことがあったが、午後のプログラムである「たまむすび」を聞くようになったのは最近で、月~木のメーンパーソナリティの赤江珠緒さんが「ポンコツ」と言われながらもなかなかチャーミングで面白いなあ、と思っていた。
●日替わりのパートナーもなかなか個性的で、木曜日のパートナーがピエール瀧さんだったのよ。公式サイトから名前が消えているのが悲しいが、赤江さんのポンコツさへのツッコミは、瀧さんが一番面白かった(ツッコミの角度と広がりが独特だった。
●今回の件は残念である。「芸能界に波紋が」という報道も多いが、そんなことはどうでも良くて、あのツッコミが、おそらくもう聞けないであろうことが残念である。
●赤江さんが今日の放送の冒頭で、本件についてコメントをしていた。「毎週木曜日に瀧さんに会えて、本当にたわいない話をして、容赦なくツッコんでくれて、めちゃくちゃ笑わせてくれて、番組を支えてくれて、引っ張ってくれて……」と言っていたが、そういう時間が持てなくなることが残念で、というニュアンスだったと思う。直接やり取りしていたらそうだろな、と思う。

» Continue reading

| | Comments (0) | TrackBack (0)

花粉症

■天気予報によれば、今日の花粉の飛散量はとんでもなく多いそうである。そんなコメントを聞いただけで鼻水が止まらなくなる人も多いのではないか。
■私は幸いにもいわゆる「花粉症」が話題になるようになって以後、その症状に悩んだことは無い。「昔はそんなものは無かったから」などと笑い飛ばすようなことはしない。なぜなら物心ついた時から鼻水・鼻づまりには悩まされてきたからである。
■いわば花粉症を先取りしていたのである。エヘン。今頃何を騒いでいるんだ、ってなもんである。
■我々が子どもの頃、鼻水垂らしている子供はたくさんいた。赤塚先生のマンガにそんな子供が良く出てくるが、クラスに何人か本当にいた。私はあそこまでひどくはないが、授業中など鼻水が出そうになる→すする→先生に「鼻かみなさい」と言われる→かむけど下手なので処理できない→チリ紙無くなる、みたいなことを繰り返していた。
■家で過ごすときも同じ。すする音がうるさい、やめろ!とおやじに怒鳴られていた。夜勤のある仕事で昼間寝ていることがあったのだが、今考えるとそこまで怒鳴ることだったか。
■蓄膿症を心配した母親が医者に連れて行ったが、それではなく、治療的な対処はできなかった。のども弱く、大体熱を出すときは喉が盛大に腫れ、ルゴールみたいな薬液を針金みたいなものの先に巻き付けたやつで喉の奥に塗りたくられて悶絶、2.3日休み、、というのが常だった。鼻の穴の奥、喉のあたりがウィークポイントだったわけですね。
■成長するにつれ、のべつまくなしに鼻水が垂れるということはなくなったが、相変わらず鼻は詰まる。就寝中に詰まると口空けて寝るので喉をやられて発熱、ということも多かった。特に春先は顕著で、良く会社を休んだものだ。
■30前に煙草をやめたら、毎年恒例の春先の発熱がなくなった。それ以来、まあ何とか普通にやっていたら、いつの間にか周囲には花粉症患者の皆さんが大量発生していたということなのだ。皆さん、お加減いかがですか?

» Continue reading

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ひと段落

▶先週金曜日に確定申告書類提出。36万円くらい還付金があるのだが振り込みは1か月~1か月半後だと。もっと早く来ると思ってたので当てが外れる。今月末までの資金計画がちょっと不安定に。
▶今月末の入金も曜日の関係で翌週月曜日なので、不足だな。入金予定はあるので借り入れで乗り切るか。
▶一昨日昨日の取材仕事は問題なく終了。残りは来週土曜日だけ。クライアントは取材前にいろいろ心配するが、話聞いてみなきゃわからんということにようやく気付いてもらえたように思う。遅いよ。
▶問題は、請求のタイミングと夏の取材があるのかないのか。取材自体は面白いので、やりたい気持ちの方が強い。よろしくお願いします。
▶来週土曜日分質問項目考える。
▶Tさん依頼の件、打ち合わせ日時確認。

▶車検の件、RSのIさんに電話。代車の都合もあり入庫は3月18日1100となる。支払いはカードだな。来月末なら余裕もあるし。
▶生活費引き出し→会計に。MS残高確認。精米。カオマンガイの素(明日の塾弁用)購入。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

アナログレコードをどうするかー本査定を依頼しました。

仮査定の金額をもとにいろいろ考えましたが、この際思い切って行こう、と本査定を買い取り業者の方にメールでお願いしました。「買取キット」なるものが届くそうで、梱包してヤマト運輸を呼んで発送せよ、との段取りが判明。

仕事が立て込んでいるのですぐにはできませんが、こちらもあわただしくなってきましたね。
Img_20181020_2321592

Img_20181020_2323012

「ドロップ・ダウン・ママ」と「シカゴ・バウンド」。
マディよりは多少モダンですが、やっぱり一般的には渋すぎだよな。よくこんなアルバムが国内盤で出たもんだと思う。

いや、大好きですけどね。
購入当時、周りにこんなの聞いている友だちなんて一人もいなかった。


» Continue reading

| | Comments (0) | TrackBack (0)

アナログレコードをどうするかー見積もり

売却するのは良いが、どれくらいの値段になるのか知りたい。という事でネットを通じて目星をつけていたレコード買い取り業者に1枚仮査定をお願いしてみた。
本当は3枚ぐらいお願いしたかったのだが、添付できる画像が思いのほか小さく、とりあえず1枚。
Img_20181020_2325272
「ザ・ベスト・オブ・マディ・ウォータース」。チェスレコードの名盤、という事だけは知識としてはあったが中身を聞いたことがなく、待ちに待った国内盤が出た時に飛びついて買った。生首みたいな迫力のデザインだが、いきなりスピーカーから出てきたのはのドラムレスのサウンド。その渋さ加減に面食らった。モダンブルースのバンドサウンド(バディ・ガイとかB・Bキングですね)しか聞いたことがない耳には、最初は「なんじゃこりゃ」な音だったのは事実である。
その後、色んなブルースに触れて、改めて聞いてみると、マディの歌や唸り声、ギターの持つドライブ感に打ちのめされるわけで、やはりブルースは奥が深い。

という思い出のある1枚だが見積もり評価は300円~700円。
う~む。やっぱり1枚では相場感はわからんな。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

アナログレコードをどうするかーデルズ その3

Img_20181020_2053322


Img_20181020_2056132


Img_20181020_2056322

1968年発表の「ミュージカル・メニュー」。2枚組という、中身はジャケットデザインとマッチした豪華さである。

» Continue reading

| | Comments (0) | TrackBack (0)

アナログレコードをどうするかーデルズ その2

Img_20181020_1944482
デルズ、チェスレコードでの第一作 「There is」(1968)

Img_20181020_2231482
「The Mighty, Mighty Dells」(1974)

昨日の投稿で少し書いたが、Chessレコード時代のアルバムを2枚。最初に買ったデルズのレコードが、上の「There is」だったと思う。

» Continue reading

| | Comments (0) | TrackBack (0)

アナログレコードをどうするか「デルズ」

Img_20181020_1943172

R&Bコーラスグループ、ザ・デルズのデビューアルバム。
ザ・デルズも息の長いグループで、wikiによると1952年に結成。2012年まで活動していたそうな。昭和27年から平成24年までだから、その長生きぶりはものすごい。

写真の「Oh! what a night」は1959年のヒット曲を中心としたファースト・アルバム。レーベルはVee Jay。デルズは大好きなグループの一つで、何枚かアルバムを持ってる。後に移籍したChessレコード時代のサウンド、歌声が気に入っているのだが、このアルバムの初々しい感じも良いですね。ジャケットのデザインも良い感じ。

買ったのはいつだったか。廉価版の帯がついてるから、そんなに昔じゃないと思うけど、何の記録もつけてないし日記なんかも無いので、資料的な価値はまるでないブログであります。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

アナログレコードをどうするか。

Img_20181020_2133402

Img_20181020_2100462

若いころ集めたアナログレコードが200枚以上部屋の隅で眠っている。プレーヤーはあるものの、CDの手軽さにはかなわず、ここ数年聞かれるもことも無い。どうしようかなということは常に頭にあったが、放置していた。
60歳になり、家の住み替えというような事情もあり、手放そうかと考え始めた。

買い取り業者の見積もりが、スマホのアプリでできるということを知ったことが引き金になった。


» Continue reading

| | Comments (0) | TrackBack (0)

コピーライターへの道36

■2014年の9月から本格化した求人への応募だったが、最初に書類選考を通って面接にこぎつけたのは12月の初めだったと思う。
■語学教材を刊行している会社で、教材の広報ツールを制作する社内コピーライターの求人だった。面接の日程を調整し、有休を取り神泉、というか東急本店近くの事務所まで雨の中、出かけて行った。
■息子の小学校内部進学のための面接は経験したいたが、自分のための面接なんて2000年以来だったので何だか新鮮だった。
■しかし面接の内容は「面接マニュアル」みたいな質問ばかりでちょっとがっかり。なぜ私に会いたいと思ったのか、ということを聞いたら、「現役のコピーライターの方の応募が初めてだったから」というようなことを言われた。どういう人材が必要なのか、あまりはっきりしていないな、という印象だった。
■まさかの適性検査なども実施され、もやもやしたままこの日は終了。残念だけれどこの会社ではやっていけないなあ、と思ったわけだが向こうもそうだったようで、次の日だったか「今回は…」というメールが来て、この件終了。
■こうして、何とかしなけりゃと思いつつ、何の進展もないまま2014年は終って行ったのだった。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

«コピーライターへの道35