« September 2006 | Main | January 2007 »

エスプレッソマシン導入

20061220
■コピーライターチームのフロアに、コーヒーメーカーに続きエスプレッソマシンが導入されました。何と贅沢な。(その心は、社長室も同じフロアにあるから。社長が自宅で使っていなかったものを持ってきてくれたのでした。)左がユニマットのコーヒーメーカー。これもオフィスコーヒーの割には飲める味。右が新参のエスプレッソマシン。暗い写真ですみません。

■サイズは1杯用で、パックされたコーヒパウダーのポーションを使うタイプ。早速使ってみたらちゃんと泡が立っておいしいこと。自宅では豆を挽いていれているんですけど、泡立ちがもうひとつなんだよね。

■昔、OMCにいた頃、コーヒー飲みすぎて胃がおかしくなって以来、デスクであまりコーヒーを飲まなかったんだけど、これでまた復活しそうです。

■次はウォーターサーバーだと社長は意気込んでいます。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

カタログ2

■昨日エントリの「竹粉製造機」。ググッて見たら845件のサイトにヒットしました。やはり、ニーズはあるということですね。

■今回カタログを制作する機械の製造元メーカー様のサイトもあります。機械が竹を処理する様子が分かる動画もあります。(今制作しているカタログは、ここのメーカーが開発、生産した機械を、某建設機械メーカーのブランドで販売するためのものです)

■機械の愛称は「PANDA」と言うのですが、竹を次々に飲み込んでいく様子からつけられたそうですが、結構ダイナミックに処理していきます。

■竹粉を利用した製品などもいろいろと開発されているようです。まだまだ知らない世界があるものです。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

カタログ

■コピーライターなので、カタログの制作に携わることは当然多い。しかしながら、われながらこの商品とは一生接点がないだろな、と思うようなケースが、私の場合相当多い。

■今進行中のものは、「竹粉製造機」。切り倒した竹を投入すると、特殊のこぎりが非常に細かく裁断、と言うか粉砕。数ミクロンの大きさの竹粉に一気に加工するものです。

■切った竹の処理については全国各地で困っているとのことで、ニーズは相当あるらしい。しかも、従来の機械では粉砕しても「針状繊維」というものが残り、家畜の飼料などに混ぜると、この繊維が胃壁に刺さり、発育障害などの原因になるなど、使い道に制限があったそうな。

■今回開発の竹粉製造機は、そのあたりをクリア。針状繊維を残さないので、家畜の飼料にも適し、ハニカム構造の竹粉の中に存在する乳酸菌が家畜の腸にダイレクトに到達。整腸効果を発揮し、糞の臭気が抑えられるそうだ。

■どうでしょうか?世の中には、こんな機械を待っていた方が大勢いらっしゃると信じ、今日もコピーを作成しております。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ホテルP

■ホテルPは品川駅の目の前にある、Kグループのホテルです。親友のN君がここのパーティールームで華燭の典を挙げてから20年ぐらいになるでしょうか。
■ギター弾いて、長渕の唄を歌ったことを思い出しました。人生で一番オーディエンスの数が多かったのはあの時だな。
■今度、このホテルのプロモーション(と言ってもチラシとパンフレットの制作)に関わるコンペに参加することになり、ホテルにほど近い代理店さんのオフィスにオリエンを受けにいってきました。
■内容は料飲中心にホテルの魅力を伝える印刷物を制作。新聞折り込み、DMで発送し、新規顧客の開拓とリピート客の増加を狙うと言うもの。
■以前携わっていたキャリアピジョン時代を思い出す内容です。
■帰り道、ホテルに立ち寄り、パンフレットがおかれるラックの様子や、ロビー、日本庭園などを見学してきました。
■いやー、20年ぶりに立ち入ったロビーですが、全く記憶が残っていないもんですな。2次会は表参道と明治通の交差点の近くにあった「Doma」という店で、私が幹事をしたのは覚えているんですが。2次会まで結構時間があって困ってたりして。
■とにかく、新しい仕事ができるようがんばりましょう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

取材あれこれ

■本日は朝から現在制作進行中のT工業 会社案内制作のため、会社にお邪魔しての取材でした。ガラス原料の供給を主力とする会社で、時代の流れの中、そこから派生するさまざまな製品、商品を手がけています。
■それらの事業を紹介するため、各事業部の部長さんたちに業務の内容をうかがうのが目的です。
■ひとつ難しいのが、会社として紹介したい製品の「ジャンル分け」と、各事業部の業務内容が必ずしも一致していないということ。
■先行して会社案内の冊子のページ構成を「事業部別」で考えていたからさあ大変。話は聞いたけれど、想定した構成では収まらない…と心配していたのですが、最後にお会いした 本部長 取締役執行役員のD様のお話を伺って、これまでの取材内容が、すっきりと整理されてしまいました。
■それぞれのお立場で、仕事に対する取組み方、捉え方があり、皆さんそれを踏まえてお話しいただいていたことが良くわかり、勉強になりました。
■最近のガラスのトレンドや、「こんなところに」というガラス派生商品の用途など、内容的にも非常に勉強になりました。自動車の軽量化のためにガラス素材が使われていたなんて、全く知らなんだ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

いよいよ入稿

■毎年制作を手がけている、2月に開催される「日本各地の『お祭り』を集めて2日間に渡ってホールで鑑賞するイベント」の告知ポスター/チラシが本日ようやく印刷入稿に。
今年で5年目の担当だが、デザイン決定までの過程が今までで一番難儀したように思う。テーマも例年になく難しかった。ここまでたどり着いたのも、デザイン担当の内藤くんと、プロデューサーの井上さんのおかげです。
さて、告知ばかり担当していて、これまで肝心のイベントを実際に見に行ったことがありません。今度は行けるかな。
■KAプロデューサーから、新規案件の打診。Aカード関連のWebページ作成。相変わらずスケジュールがないという。Web制作については、グラフィックと同じ感覚で作業はできないと最近思っている。Webとそれ以外のメディアの仕事を並行して担当するのは、どう考えてもムリがある。明日別件の打合せを済ませないと来週のスケジュールが見えて来ないので、返事は取り敢えず保留。
■KOプロデューサーから連絡。概要オリエン済の某ホテル関連のコンペ。正式オリエンが12/15午前中になったそう。実作業をお願いしたコピーライターが同行できないのではないか。なんか情報がきちんと伝わってないな。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« September 2006 | Main | January 2007 »