« コピーライターへの道3 | Main | コピーライターへの道4 »

読み終わった本20070204

Photo

アイデアのつくり方 ジェームス・W・ヤング

■1月28日に読み終わったに刺激を受けて、以前読んだ発想法の本を引っ張り出してまた読んだ。奥付から判断すると1994年ごろに購入している。

■著者のジェームス・W・ヤングは、1973年に亡くなったアメリカの伝説的広告マン。J・W・トンプソンの常任最高顧問を勤めた人。

■昭和29年に日本語訳が出版されたという、かなり古い本だが、本国アメリカでは、さらに以前からクリエーターのバイブルとして読み継がれていたという本である。

■この本に書かれているのは、「アイデアを出すための方法」。「優れたアイデアというものは、才能やひらめきだけから生まれるものではない」と主張しているように思える。

■ヤングによれば、アイデアを出す方法は、以下のようなものである。

 第一 資料集め 当面の課題のための資料と一般的知識を幅広く集める
 第二 心の中で資料に手を加える
 第三 孵化段階 意識の外で何かが資料と知識を組み合わせるの任せる
 第四 アイデアの誕生
 第五 アイデアを具体化し、展開させる

■アイデアは車を製造するように、一定の明確な過程を経ることで製造できる。したがって、その家庭を支えているのは技術であり、技術は習得したり、上達したり、有効に使いこなすことができるということが本書のキモだと思う。

■自分の才能に自信をもてない私のような人間にとっては元気の出る本である。とは言え、読んだことをあまり活用できていない。反省。

|

« コピーライターへの道3 | Main | コピーライターへの道4 »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/71250/13789598

Listed below are links to weblogs that reference 読み終わった本20070204:

« コピーライターへの道3 | Main | コピーライターへの道4 »