« January 2007 | Main | August 2007 »

読み終わった本20070206

Web20
Web2.0的仕事術 丸山 学

■最近、われわれ広告制作者の間でも何かと話題のWeb2.0という概念。いろいろ解説本が出ていますが、今ひとつよくわからない、という方も多いのではないかと思います。少なくとも私はそういう感想です。

■Web2.0になったら、仕事はどう変わるのかいな、と思っていたら、本屋でこんな本にぶち当たり、即購入しました。

Continue reading "読み終わった本20070206"

| | Comments (0) | TrackBack (2)

コピーライターへの道4

■就職部に紹介されたのは、「グループH」というサークルだったと思う。主催していたのは理工学部の教授だったか、助教授だったか。

■中央大学は私が2年のときに八王子に移転。マムシの出る山の中に幽閉され、毎日都会の空を遠く眺めながら泣き暮らしていたものだが、理工学部は都心、後楽園の辺りにあり、4年になる春休みに一日かけてサークルの内容を聞くために尋ねていった。

■主催者の方の名刺をついこの間まで持っていたのだが、見つからない。あまり印象も残っていない。しかし、話の内容は鮮明に覚えている。コピーライターについて、殆ど語られることはなかったのだ。

■このグループHにとって、「マスコミ」とは、マスメディア、新聞社、雑誌社、テレビ局のことであり、そういう会社に入社するためのサークルだった。(元日本テレビのアナウンサー 小川光明さんがこのサークル出身だったように思う)みんな新聞記者や編集者、アナウンサーになるためがんばっているという。

■ということで、このサークルに参加することはなかった。コピーライターへの道は、まだまだ険しく長いのだが、本人はあまりそう思っていなかった。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

読み終わった本20070204

Photo

アイデアのつくり方 ジェームス・W・ヤング

■1月28日に読み終わったに刺激を受けて、以前読んだ発想法の本を引っ張り出してまた読んだ。奥付から判断すると1994年ごろに購入している。

Continue reading "読み終わった本20070204"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

コピーライターへの道3

■当時私が通っていたのは中央大学文学部。3年4組の仲間から「代ゼミの屋上でバスケしようぜ」という誘いを振り切って現役合格した。深く考えて選んだ進路ではなかった。本人も受かるとは思っていなかった。したがって、特に何かを目標にするわけでもなく、なんとなく毎日を送っていた。

■あのころ、一体毎日何をしていたんだろう。本だけはよく読んでいたはずだ。バイト代は殆ど本とレコード(CD以前ですね)につぎ込んでいた。高校で同じクラスだった野村君と競うようにSF小説を読み漁っていただけ。コンパとか、テニスとか、スキーとか、海外旅行などの含有量はとても少ない人生だった。かといって、一心不乱に勉学に励んでいたわけではない。無気力なオタク。今ならそう言われているだろうと思う。

Continue reading "コピーライターへの道3"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

コピーライターへの道2

■「コピーライター」という存在を知ったのはいつだったかな?皆さんはどうでしょう。私が初めてコピーライターを職業として意識したのは、たぶん大学3年生のことだ。

■同じコンビニでバイトをしていた1学年上の男が、就職のために宣伝会議の「コピーライター養成講座」に通っていることを聞いたときのことだったと思う。

Continue reading "コピーライターへの道2"

| | Comments (0) | TrackBack (1)

コピーライターへの道1

■私がノー天気にやっている

多摩高19期同期会を皆で成功させよう

を、ごらんいただいている方はお分かりかと思いますが、寄せられたコメントの中に「何でコピーライターになったかを述べよ」というリクエストがありました。

■昔のことなんで、あまりはっきりとしない部分もありますが、完全に忘れてしまう前に記録しておくのもいいかなあと思いました。で、少しづつですが書き連ねていきます。よろしくお願いします。

■野村君、これからここに書かれる内容について何か知っていることがあったら、コメントしてくれるとうれしいです。

■今日は眠いのでここまでで。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« January 2007 | Main | August 2007 »