« February 2007 | Main | September 2007 »

母のこと

私の母は今年で75歳になります。昭和8年生まれ。私が小学校低学年の頃から仕事をしていた人で、元気で明るい人だったようです。母が友人や仕事仲間からどんな風にみられていたのかは、普通子供にはなかなかわかりにくいと思います。「元気で明るい人」なんて私が書けるのには理由があります。今から15年前の3月、母は脳梗塞を発症しました。幸い一命は取り留めましたが、梗塞が脳幹部で起きており、かなりの障害が残りました。以来、父の看病のもと、闘病生活を続けています。母の友人や、仕事仲間の方が、大勢見舞いにきてくれました。前述の母の印象は、見舞いにきていただいた方達の口から出た言葉です。親戚の方からも、母についていろいろ聞かされました。暮らしのこと、子供(私と妹です)への期待や心配。母なりにいろいろ考えていたこと(当たり前ですが)を知ることができました。

父母とは、母が倒れてしばらくしてマンションを購入。同居していたこともありますが、我々夫婦が二人とも仕事を持っていて、何かあったとき、すぐには役に立たないこともあり、現在栃木県内の医療機関に隣接したマンション(なかなか表現が難しいのですが、高齢者や障害を持った方でも安心して暮らせることをコンセプトにしたマンション。ヘルパーの方が常駐しています)に暮らしています。

そんな状態ですから、毎年何らかの病気で入院をしたりします。たいていは「肺炎」です。8月の後半、父親から「母が入院する」との連絡がきました。あわてて病院に駆けつけたところ、「誤飲性肺炎」との診断で、2週間ほどの入院、という治療計画書を見せられました。嚥下機能にも梗塞の影響が出ており、食べ物や水が肺に入り肺炎の原因となるそうです。

しかし私が病院に着いたとき、母の息は相当荒く、今までと何か違う、という印象でした。看護士の方も「酸素マスクをつけて、かなりの酸素を供給しているけれど、血液中の酸素濃度が上がらない」と教えてくれました。この日の朝、様態が急変したそうです。

「これはちょっと…」と思い始めたところに、担当の医師が現れました。早速母の状況について聞きました。さすがに少し胃が痛くなりました。
(続きます)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

暑さにやられたのか

購入して4年目になるメインマシンVAIOがダウンしました。だめになる前々日、使用中にいきなりディスプレイが市松模様になりフリーズという現象がありました。

今にして思うと、このときに何か手を打つべき、いや打てたのに打たなかったと言うか、ともあれ、ダウンを回避するチャンスはあったのでは、と修理屋(Mr.コンセントというチェーン店)の親父に言われました。

症状からすると、かなりの負荷がCPUにかかっていたことが伺われ、熱でマザーボード、画面が市松ということからグラフィックボードもやられたのではというご託宣でありました。修理費は最低でも5万円。

「雷の被害を補償する保険とかには入っていませんか?もし入っていたらそれでなんとかできるんじゃ」などと、親切にも教えてくれた。残念ながらその種の保険には入っていなかったが、購入店の「延長保証(5年)ワランティ」とやらに加入していたのを帰宅後に発見。結局そちらで修理した方が得だろう、ということで、明日、一旦修理屋に預けてきたVAIOを回収。購入店に持ち込むことになった。

PCのことをいろいろ教えてくれそうだった(VAIOからHDを回収して自作したらどうかとか、アドバイスしてくれた)ミスターコンセントで修理をしてもらいたかったが、背に腹は代えられない。「延長保証(5年)ワランティ」なら、修理にかかった金額の半分が補償される。もっとも、「通常の使用方法で」という制限があるのだが、何が通常か?という点に興味は集中するでありましょう。

8/29現在、持ち込んだ店からは連絡なし。

ちなみにこの記事はMacで書いています。

VAIO come back!

大変なことがもう一つありました。それはまた明日。(大丈夫かな)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

長らくの

不在でしたが、なんとか再開できるかな。2月からエントリーしていないというのは、我ながらあきれる。

昨年退職したコピーライターの2名の補充ができず、出向していた若手コピーライターも4月には復帰するはずだったのがこじれて退社。本来6人体制のチームのはずが、今年はずっと実質3人だったのであります。2月に一人、4月に一人新顔が加わってはいたのだが、ほぼ新人。教育の方に時間がかかるという状況でありました。

ともあれ、こんなことが書ける余裕が出てきたのも、少しは新人教育の効果が現れ、戦力化してきた証拠でしょうか。

だがしかし、厳しい夏の暑さとともに、今度はプライベートで厳しい事態が起こっているのだ。

続きは明日(かな?)眠くて。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« February 2007 | Main | September 2007 »