« February 2008 | Main | June 2008 »

久々に

久しぶりに佐野に行ってきました。妻の妊娠がはっきりとわかってからは初めてになります。奥さんはまだ車がだめなので私一人でしたが、父にはもちろん、母の遺影にも子供のことを報告することができました。今回の目的は報告だけではなくて、もうひとつ目的がありまして。母の墓所の見学でした。実は未だお墓が決められていません。父の生家のすぐそばに新井家の墓所があるのですが、何しろ山深い場所で、墓参りにも相当な決意が必要になります。父も高齢になり運転免許も手放してしまったので、もっと気軽にお参りに行けるところに新たに墓を設けましょう、と言うことになっています。
気候も良くなり父が出かける気になってきたので、実際に現場を見せておこうと思い、セッティングしました。
見に行ったのは去年われわれが見当をつけていた野田市の霊園と、父親が見つけてきた佐野市にある霊園でした。
野田の霊園について事前に資料を父に渡しておいたのですが、「遠い」だの「夢に出てきて、あまり良くないイメージだった」だの、文句ばかり言っていました。じゃあ、そっちに任せるから勝手にしてくれ、と言いそうになりましたが、そうも行きません。実際に見れば考えも変わるだろうということです。

Continue reading "久々に"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Tさんのこと

以前当社に在籍していたTさんが、先月末、なくなられたそうです。
Tさんはかつて当社のクライアントに在籍していた労働安全衛生教育のエキスパートでした。DVDやイントラネットのコンテンツなど、安全教育用の資料制作の仕事を通じお世話になりました。
定年を機に当社に移籍し、Web制作チームに所属。私もよく一緒に仕事をしました。

ユニークな方でした。大企業のサラリーマンというイメージではまったくありませんでした。
「仕事は自分で作るもの」ということを、組織の中で実践してきた自信とバイタリティにあふれた方でした。
安全教育コンテンツ制作の経験から、Webや動画制作に関する知識も豊富で、いろいろ教えられました。怒られたことも多かったです。
仕事で本気で怒られたのは久しぶりだったな。

もっと一緒に仕事をしたかったのですが、1年ほどで当社を退社。自身の会社を起こされました。
労働安全コンサルタントのできる方ですから、当社の仕事の枠の中には納まらなかったのかもしれません。

気にはなっていたのですが、忙しさにかまけてしばらく連絡を取ることもなく、申し訳なかったと思います。亡くなったことを知ったのも、たまたま当社のプロデューサーがクライアントに出向き、Tさんと近しい方から聞いたそうです。
残念です。Tさんは腎臓が悪く、人工透析に通いながら仕事をされていました。体に負担がかかっていたのではないかと思います。でもそんな感じはちっともしなかった。それだけに、まだまだ元気でやっていくのだろうな、と勝手に思っていました。亡くなった詳しい事情はまだ聞いていません。連絡して確かめようと思います。

Tさん、ごめんなさい。できの悪い仕事のパートナーでした。そして気の利かない元同僚でした。もう一回飯でも食いたかったです。

お疲れ様でした。ゆっくりお休みください。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

求人

会社で、コピーライターを募集する必要が発生しました。詳しい事情はここには書きませんが、仕事量に対して、圧倒的に人手が不足しています。私が就職したころ(四半世紀前ですね)は、コピーライターは本当に憧れの職業で、就職希望者はいっぱいいたのですが、最近は難しいですね、採用が。大切に育てていかなくてはならないことはわかっているのですが。

もし、このブログをご覧になっている方の中で、当社でのコピーライターの仕事に興味がおありの方がいらっしゃいましたら、当社ホームページをご覧いただいた上、ご連絡いただければ幸いです。よろしくお願いします。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

一息ついた日

今日はちょっとゆっくり過ごすことができました。このところ食欲がなかった奥さんから「リゾットが食べたい」とのリクエストがあったので夕食はチキンと茸のリゾットを作りました。

382_2


前菜はたこのサラダ。チーズのように見えるのはとうふです。

381_3

383_3

言ってみれば洋風おじや。大した手間もかかりませんが、見た目はなんとなく本格派風。おいしかったです。パルミジャーノチーズ探し回った甲斐があったと言うものです。(町田にはなかなか売っていないのだ)消化も良さそうなので、また作ろうと思います。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« February 2008 | Main | June 2008 »