« 日本人の「死」はどこにいったのか | Main | こんな本が »

東樹院多聞寺

昨日(6/21)、川崎市中原区にある東樹院多聞寺というお寺へ行ってきました。母の墓所でお世話になる春秋苑さんから紹介された真言宗のお寺です。母の戒名や、お墓の開眼法要をお願いすることになっています。
昨年の母の死去以来、法要はすべて俗名で行ってきました。一周忌までに墓石を完成させるためには、そろそろ戒名を、ということです。

東樹院多聞寺は武蔵中原駅からバスで5分ほど。(車でしたが)多摩川近くの住宅街の中にあるお寺です。ご住職と奥様、そして甲斐犬の「かい君」が出迎えてくれました。

ご住職は、事前に春秋苑さんからFAXで送っておいてもらった母の名前を見ていただいていたようです。「苦労されたんじゃないですか?」という質問に、思わず涙が出そうになりました。母の人となりや、病気で倒れるまで続けていた仕事のことなどいろいろ話させていただきました。ご住職から、「苦労を一身に背負い込んでしまう方ですから、あちらでは少しでも心安く過ごしてもらえるような戒名を考えましょう」といわれたときには。やっぱり涙が止まらなくなりました。情けないですが、やっぱりうれしかったです。

ありがとうございました。戒名をつけていただく法要は、7/5の予定です。もう少しお待ちください。

|

« 日本人の「死」はどこにいったのか | Main | こんな本が »

母のこと」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/71250/41618513

Listed below are links to weblogs that reference 東樹院多聞寺:

« 日本人の「死」はどこにいったのか | Main | こんな本が »