« 春秋苑のこと 4 | Main | こんなお店があってよかった »

コピーライターへの道5

■1年以上間隔があきましたが、再開します。

■大学4年になり、就職課にも通うようになった。そこで、就職課が学内で運営していた「マスコミゼミ」の存在を知った。誰でも参加できるとのことで、早速入ゼミを申し込んだ。

■クラスにもう一人マスコミ志望の男がいて、彼と一緒にゼミに出席していたことを思い出す。ゼミの内容は、基本的には作文の指導だった。(ほかにも何かあったのかもしれないが、今思い出せない)

■毎回出席していたのは15人ほどだったと思うが、数回の作文の課題の中で、5回ほど私の作文が秀作として選ばれ例示され、何度かは最優秀に選ばれていた。

■今思えば、この頃が私の創作力がピークだったのではないかと思えるくらいだが、今その時の作文を読むと、いささか生硬なところはあるが、まあ、しっかりと自分の考えが現れているように思う。何より、自分の考えを確かなものにする努力をしていた。それだけ必死に何かを模索していた時代だった。

■しかし、だからと言ってそれがすぐに結果に結びつくとは限らないのが悲しいところではあった。

|

« 春秋苑のこと 4 | Main | こんなお店があってよかった »

コピーライターへの道」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/71250/42264012

Listed below are links to weblogs that reference コピーライターへの道5:

« 春秋苑のこと 4 | Main | こんなお店があってよかった »