« コピーライターへの道5 | Main | 母のこと 11 »

こんなお店があってよかった

Photo
会社の近く、代々木上原駅のそばにある古書店 LOS PAPELOTES。
会社帰りに立ち寄ることが多い、と言いたいところですが、最近仕事が終わるのが遅くて、なかなか行けずにいる。結構遅くまでやっているんですけれどね。

何故この店があってよかったかと言うとその品揃え。私の好みの作家やテーマの本がたくさん書棚に並んでいる。

村上春樹。赤瀬川原平。南伸坊。向田邦子。植草甚一。糸井重里。和田誠。山口瞳。

どんな趣味だ、と自分でも思うが、こういった作家の本が揃っており、特に村上春樹さんの翻訳した作品や、村上さんと「翻訳夜話」という本を出している翻訳家の柴田元幸さんの翻訳でおなじみのポール・オースターの著作も豊富だ。オースターの作品はほとんどこの店で入手した。村上さんの翻訳物で言えば、ティム・オブライエンをかなり買っている。レイモンド・カーヴァーの全集も最近入荷したようなので、今もっていない巻を買おうと思っている。

白洲次郎さんに関する本も充実。最近白洲さんのことを知りたくて読み漁っていたので、うれしくてしょうがない。

先日、猪瀬直樹さんの「マガジン青春譜」のハードカバーが500円(税込み525円)で売られていたので買おうと思ったら、店長が奥のほうでなにやらお客さんと話をしていてレジに誰もいない。

お客さんを良く見るとイラストレーターのW田誠さんと奥さんのH野レミさんではないか。そう言えば近くに住んでいるという話を聞いたことがある。店長は「W田さんの本を扱いたくてこの店を始めたんですよ」などと言っているようだ。

店長の趣味と私の趣味が似通っていたわけですね。

インテリア関係の雑誌なんかも充実している。贅沢を言わせてもらえば文房具に関する本なんかがもっとあるといいんだけど。高いんですよね、某EI出版のムック本は。面白いけれど。

写真を撮った日はたまたま夏休みのようでした。店内の様子もなかなか渋くて良いので、お近くの人はぜひ立ち寄ってみてはいかがでしょうか。たまにレジの横に小さなテリアが寝ていて人の手を舐めたりしてくれます。


|

« コピーライターへの道5 | Main | 母のこと 11 »

」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/71250/42306390

Listed below are links to weblogs that reference こんなお店があってよかった:

« コピーライターへの道5 | Main | 母のこと 11 »