« コピーライターへの道7 | Main | コピーライターへの道8 留年 »

母のこと 13

お棺が閉じられ、導師の読経の中焼香が終わると、通夜の儀は終了。会食に移りました。
父親が会葬のお礼を述べ、本当に簡単ですが食事を差し上げました。社長をはじめ、会社の皆さんとようやくゆっくりと話すことができました。
早めに帰らなければならない親族(私のいとこでした)がいたのですが、義弟が運転手を買って出てくれ、佐野駅まで送っていってくれました。

外は雨が降り始めていました。

会食が終わると、明日の告別式にも参加していただく親戚の皆さんをホテルまでお送りする仕事が待っています。この時も義弟が車を出してくれました。本当にありがとう。

この日は、妹が母のそばに泊まってくれることになりました。
私と奥さん、父親は父の住まいに戻りました。

あっという間に一日が終わってしまった。もっとゆっくりお別れをしたかったような気がしましたが、当事者としては仕方が無いのかな。

(続く)

|

« コピーライターへの道7 | Main | コピーライターへの道8 留年 »

母のこと」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/71250/43889090

Listed below are links to weblogs that reference 母のこと 13:

« コピーライターへの道7 | Main | コピーライターへの道8 留年 »