« マイケル・ジャクソンという存在について。(1) | Main | 三回忌 <母のこと20> »

一年の疲れが出たのでしょうか

しばらく更新が滞っていました。いつものぞきに来てくれていた皆さん、ご無沙汰をして申し訳ありません。
マイケル・ジャクソンの件、続きを書こうと思っている間に、ただの死ではなく事件性があることが判明してしまいました。でも、続きは書こうと思います。政権も交代してしまいました。
私がぐったりしてる間に、いろいろなことが起こりました。
ぐったりしていたのには理由があります。
8月半ば、夏期休暇を取って奥さんと子どもに会いに実家に滞在していました。夏期休暇とは言え金曜日から月曜までの4日間です。3日目の日曜日、近くにある乗馬クラブに馬を見に行こうということになりました。息子は今、動物の中で馬が好きだということです。車で出かけた途端腹痛。通り道にあったスーパーのトイレに駆け込んだところ、大量に出血がありました。これは驚きました。
痔かな?と思ったのですが、鮮血に混じって黒っぽいものが見えていました。やばいかな、と思ったのですが、その日一日様子を見ようと考えました。(事実を認めたくなかったんです)
しかし、その日の深夜になっても出血が少しずつ続いていて、覚悟を決めて月曜日の朝、近くの病院に電話。消化器外科で見てもらえるとの事で奥さんの運転で出かけました。
痔だったら良いな(ちっとも良くないですが)と願っていたのですが、先生は、一目見た途端、「検査しましょう」と一言。次の日仕事もあるので「じゃあ、東京に帰ってから」と言ったら、「早いほうが良いですよ」ときっぱり返されました。「今日は無理ですが、明日予約を入れます。良いですね」と決められてしまいました。

それからが大変。不安な気持ちを抱えながら関係各所に電話。その日に東京へ帰る予定だったのですが、休みは一日延長です。1日取り戻すのにどうすれば良いか、と考える私の横で、奥さんは「休みが伸びた~」と喜んでいました。
次の日は朝から絶食+腸を空にする薬+水2リットル。2時に病院に出頭し、検査開始です。大腸に造影剤を入れてレントゲンをとったことはあったのですが、カメラを入れるのは初めて。でも、腸の動きを止める薬のおかげで検査はスムーズ。モニタを見ながら説明を受けるのですが、ドキドキです。細かく見ながら説明をしてもらいましたが、その時点では出血している部分は無く、先生によれば、「憩室」という凹みに排泄物が残り、何かのはずみで炎症を起こし、それが原因で出血したのではないか、と言うことでした。ポリープやガンのようなものは見つからないと言うことで、一安心です。
しかしやはりどこかに不調はあったらしく、元気が出ません。検査を終わり、実家に帰ってもぐったり。できればその日に東京に帰ろうと思っていたのですが、結局次の日の朝、直接出社しました。
それから、元気の出ない体に鞭打って、仕事の遅れを取り戻そうとよたよたしていました。それもようやくここに来て落ち着いてきました。
このブログも更新しようという気力も戻ってきました。
奥さんと子どもも、そろそろこちらに戻ってくる算段をしようという状況になっています。
体調を崩さない程度にがんばっていこうと思います。
ではまた。

|

« マイケル・ジャクソンという存在について。(1) | Main | 三回忌 <母のこと20> »

人生を振り返る」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/71250/46223740

Listed below are links to weblogs that reference 一年の疲れが出たのでしょうか:

« マイケル・ジャクソンという存在について。(1) | Main | 三回忌 <母のこと20> »