« 家電店も大変ですが… | Main | 都道府県対抗駅伝でも多摩高現役&OBが活躍! »

「川の深さは」福井晴敏

以前会社に在籍していたコピーライターが残していったと思しき福井晴敏さんの「川の深さは」を見つけて読む。

「亡国のイージス」などの著書名は聞いてはいたが、実際に読むのは初めて。全く先入観なしに読んだせいなのか、とても面白かった。

冒頭のエピソードを読んでいて、主人公の容貌をなぜか「伊吹五郎」さんでイメージしてしまったので、終盤のアクションシーンで違和感があって困った。

ストーリーの道具立てというか肝の部分に、PCのテクノロジーが使われているのだが、こういう進化の早いものを使うのは恐ろしいです。「最先端のもの」として描かれていますが、今にしてみれば完全に過去のもの。

仕方ないことだとは思うけれども、リアリティという面では苦しくなる。ストーリーは申し分なく面白いのだが。

他の作品も読んでみたくなった。

|

« 家電店も大変ですが… | Main | 都道府県対抗駅伝でも多摩高現役&OBが活躍! »

」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/71250/47392342

Listed below are links to weblogs that reference 「川の深さは」福井晴敏:

« 家電店も大変ですが… | Main | 都道府県対抗駅伝でも多摩高現役&OBが活躍! »