« 新たな生活に向けて13 新生銀行の報告 | Main | 乾燥イチジクとざくろジュースはイランに限るというお話 »

相当遅れてきた父親的日常9 「知らない。聞いてない。」

関東地方で通勤・通学などにバスを利用している方なら、一度や二度は「バス共通カード」を使ったことがあると思う。料金支払いのためのプリペイドカードだが、PASMOやSUICAなどICカードの普及に押され、利用出来なくなるバス会社が増えている。私が毎日駅まで利用しているバスも、7月31日で取り扱い終了になった。
その前からICカードを使っていた人も多く、スムーズに移行しているなぁと思っていたら、今朝乗ったバスで、若干の混乱があった。

おばあちゃんがバス共通カードを手に乗ってきたので、運転手さんが「バスカード使えなくなったから」と説明したところ、「えっ?何で?」。「7月31日でカードは使えなくなってるの」「知らない。何で?」

カードの取り扱い終了については、私が記憶している限り、2月の後半ぐらいからアナウンスされていて、バスの車内にも停留所などにもその旨の掲示がされていた。半年近く告知期間があったはずなのだが、おばあちゃんは知らなかった。バスカードを持っている以上、バス利用者だと思うのだが、メッセージはまったく伝わっていなかった。

「じゃあ、どうしたらいいの」とおばあちゃん。
「現金で払っていただくかPASMOかSUICAで」。
「だめよ、現金なんて持ってないもの、銀行行かなくちゃ」
「いや払っていただかないと」
「いつから使えないの。私ぜんぜん知らないけど」

とうとう自己申告があった。

「カードはどうしたらいいの?、もう使えないの?」
「使えません。サービスセンターで払い戻してくれるから」
「じゃあ、払い戻してもらったら往復分払うから、それでいいでしょ」

とうとうお金を払わず乗り込んでしまった。
まあ、それはともかくバス会社の努力にもかかわらず、バスカード取り扱い終了というメッセージはまったく届いていなかった。何でだろ。個人差もあるだろうが、人間、興味の無い情報は認識しないということなのだろう。

(私の家内がそういう人である。まったく同じ光景を見ていても、全然見えていないものがあって驚くことがある。その部分だけ目をつぶっているようなのだ。)

さて、来年の7月に使えなくなるというか、見られなくなるものがある。ご存知地上波テレビである。
まだ地デジの普及率は100パーセントに達していないはずである。(うちもそうだ)
地デジの準備が出来ていない世帯の中には、わかっていて準備していないのではなく、今朝のおばあちゃんのように「知らない。聞いていない。」という方がかなりの数いるのではないか。

地上波終了直後、「テレビが見えない」「電波がおかしい」「放送局でなんかあったの?」という電話が、そういう世帯からNHK、民放等のテレビ局や電気店に殺到するのではないか。関係者の皆さん、心配じゃありませんか?

なんせ、「ちゃんと言っておけば、ちゃんと理解する」国民じゃないんだから、われわれは。番組内容は別にして、テレビ局の言うことなんか誰も聞いちゃいないんじゃないのか。そんな気がしています。


|

« 新たな生活に向けて13 新生銀行の報告 | Main | 乾燥イチジクとざくろジュースはイランに限るというお話 »

50歳のパパ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/71250/49320312

Listed below are links to weblogs that reference 相当遅れてきた父親的日常9 「知らない。聞いてない。」:

« 新たな生活に向けて13 新生銀行の報告 | Main | 乾燥イチジクとざくろジュースはイランに限るというお話 »