« 多摩高校陸上部OB会 会報誌が完成しました | Main | 勇気をくれる言葉【自衛隊の宣誓】 »

最悪の時に最悪の宰相。

こういう事態なので、建設的なことを書きたいのですが、この人はあまりにもひどすぎる。国民の精神的安定のためにも、一刻も早く退陣してくれないだろうか。何とか辞めさせる手は無いのか。

(産經新聞より)
「自分としては一生懸命にやっているけれど…」。菅直人首相は27日、山口二郎北大教授らと首相官邸で会談した際、東日本大震災の被災者支援や東京電力福島第1原子力発電所事故への政府の対応が批判されていることについて、こう愚痴をこぼした。
山口氏らが政治主導のシステムをいかに確立すべきか提案すると首相は神妙な顔で聞いていたが、政府の指揮系統がバラバラだとの指摘に不満顔。

 「外から言われているほどじゃない。外から見ると線が複数あるように見えるのかな…」と語り、自らの指導力不足に反省の色はなかった。

|

« 多摩高校陸上部OB会 会報誌が完成しました | Main | 勇気をくれる言葉【自衛隊の宣誓】 »

「ニュース」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/71250/51235223

Listed below are links to weblogs that reference 最悪の時に最悪の宰相。:

« 多摩高校陸上部OB会 会報誌が完成しました | Main | 勇気をくれる言葉【自衛隊の宣誓】 »