« 勇気をくれる言葉【自衛隊の宣誓】 | Main | あれからまだ2ヶ月しか経っていないとは »

Meet The Beatles 6

地震以来どうにもこちらのブログを更新できず、かなり時間が経ってしまいました。久々に音楽の話でも。

2枚目に購入した The Beatles のアルバム、Abbey Roadの内容の話でした。

購入前に聞いていたのはA面(わかるかね?)1曲めの「カム・トゥゲザー(Come Together)」だけだったと思います。レコードに針を落とすと(わかるかね?)すぐにあの「Shoo」だか何だかわからない、声のような効果音のような音で曲が始まります。
ボーカルは一発でわかる特徴的なジョンの声。どうにも薄っぺらい(スミマセン。どうしてもそう思ってしますんです。でも大好きですよ。)がパワフルな歌声がどんどん曲をドライブして行きます。今聞いてもカッコいいし、驚くのは全然古くなってない。昨日リリースされたと言われても信じるぞ、私は。
この曲を番組のテーマ曲に選ぶとは、みのもんたもなかなかのセンスではないかと思います(ディレクターのセンスかな)。
2曲目は、ジョージの名曲「サムシング(Something)」。前曲とはまったく違うジェントルなムードと世界観(中坊なので歌詞までわかった訳じゃあないけれど)に、一発でやられました。間奏のギターがカッコ良く、ろくに弾けないくせに(しかもガットギター)一生懸命真似をしたことを思い出します。

3曲目の「マックスウェルズ・シルヴァー・ハンマー( Maxwell's Silver Hammer)」、4曲目の「 オー!ダーリン (Oh! Darling)」、5曲目の「オクトパスズ・ガーデン (Octopus's Garden)」、6曲目の「アイ・ウォント・ユー( I Want You -She's So Heavy)」と、A面残りも名曲連発。曲毎の個性は様々なのに、1つの大きな物語を奏でているような構成に、何もわからんバカなりに感動していました。

そして何と言ってもびっくりしたのは、6曲目「アイ・ウォント・ユー」の終わり方。繰り返していたコーラスがいきなり斧でぶった切ったように終わる。いつもの仲間で集まって、誰かの家で初めてこの部分を聴いたとき、みんな誰かがレコードのピックアップ(わかるかね?←しつこいぞ)を途中で上げちゃったと思って、「何すんだ」とか「やめろよ」という声が飛び交ったのを覚えています。


あー、なかなかB面にたどり着かない。
(続きます)

|

« 勇気をくれる言葉【自衛隊の宣誓】 | Main | あれからまだ2ヶ月しか経っていないとは »

「音楽」カテゴリの記事

Comments

This is just what i need!Thanks!

Posted by: Treadmill | June 27, 2011 at 12:43 AM

unomolipoo.cocolog-nifty.com is a great site

Posted by: Karen Watch | July 15, 2011 at 02:33 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/71250/51437489

Listed below are links to weblogs that reference Meet The Beatles 6:

« 勇気をくれる言葉【自衛隊の宣誓】 | Main | あれからまだ2ヶ月しか経っていないとは »