« 父が、母のもとに旅立って行きました。(10) | Main | ハルマヘラ・メモリー »

家族がひとり亡くなるということ。

●さて、父が亡くなるという事態に出くわして、少し気が抜けてしまいました。病室のあるフロアの談話室に妹と座り込みしばし呆然。
●いつまでも呆けているわけにもいかないので、連絡すべきところに連絡をしようと思い、電話を始めました。まずかけたのがうちの奥さん。ちょうど互助会の契約が終わったところで、父が亡くなったことを伝えたらものすごくびっくりされました。
●ちょうどいい、という言い方はどうなんだ、という気もしますが、自宅の近くで葬儀を行おうと考えていたので、奥さんには葬儀の下打ち合わせをしておいてもらうことにしました。こんなタイミングで葬儀をお願いすることになるとは、世の中何があるかわかりませんね。
●先だって連絡した叔父さんにも報告しました。「そうかい、いろいろ大変だろうけど、よろしく頼むわ」。もう覚悟を決めていたんだな、そんなことが感じられる声でした。「わかりました。葬儀は自宅近くでやりますので、よろしくお願いします」といったら「ああ」という返事。声に力がないのは兄弟を亡くしたからだと思っていました。
●父の親族をはじめ、母の親族などにも連絡を取りました。入院したことすら伝えておらず、いきなりの死去の知らせに、皆さん、とても驚いていらっしゃいました。「なんで早く知らせてくれないの」という方もいました。すみません。我々もあまりに突然のことに驚いてるんですよ。
●さて、まず考えなければならんのは父の遺体を私の自宅近くの葬祭場に運ぶ算段です。まあ、考えるまでもなく、看護師の方がそういう業者を紹介してくれたのですが。そうなると問題はいつ運べるか。電話をしてみたら、今日中に手配できるとのこと。良かった。
●少し安心したので、妹と食事をしにいくことにしました。でも、どこに行ったのか、全く覚えていません。どうしたんだろ。

|

« 父が、母のもとに旅立って行きました。(10) | Main | ハルマヘラ・メモリー »

父のこと」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/71250/57492947

Listed below are links to weblogs that reference 家族がひとり亡くなるということ。:

« 父が、母のもとに旅立って行きました。(10) | Main | ハルマヘラ・メモリー »