« 葬儀には参列したいんだけど… | Main | いよいよ葬儀当日です。 »

<コピーライターへの道23>

■小さなプロダクションに転職後、印刷原稿の制作は急速にデジタル化していきました。しかし、すべての印刷会社がデジタルで入稿できたわけではなかったようで、出来上がったデジタル原稿から紙焼きを作り版下用紙に貼り付けて入稿ということも多々ありました。
■何と言っても、ビジュアルの素材である「写真」や「イラスト」のデジタル化が進んでいなかったということもあります。デジカメもようやく民生品が出始めたころで、私のいたプロダクションも、記録用にSONYのMavica(フロッピーに記録するやつ)を購入して使っていました。
■インターネットも今のような状況ではなく接続はもちろんダイヤルアップ。代理店やお客様にPDFを送って確認なんて夢のようなことができるはずもなく、外注のデザイナーさんとイラレデータのやり取りを行うのが精一杯。それもNiftyServeのメールを利用してのものでした。通信状況が安定していたからだったろうと思います、確か。
■初期のころ、PCを使ってデザインした印刷物や雑誌などのページは一目でわかったものです。フォント(字体)に制限があり、詰め(文字間の微妙な調節)も技術的にできなかったと思うので、なんとなく誌面がまばらと言うか、素人っぽかったのですが、その後イラレやフォトショップの進化は目覚しく、従来の版下と区別がつかなくなった、と言うか、すべてがデジタル制作になってしまったと訳で、デジタルも何もなくなってしまったわけですね。
■いつしか印刷会社もデジタル入稿に対応できるようになりました。一番最後まで印刷原稿としてのデジタル化に時間がかかったのは「写真」だったと思います。印刷のクオリティに対応できる画素数や画質のカメラをはじめとした機材の開発には、その時点ではまだ時間が必要だったんでしょうね。
■そんなことをしているうちにも、崩壊したバブルの波は、じわじわとわれわれのところに忍び寄ってきていたのでありました。

(ぜんぜん続く)

|

« 葬儀には参列したいんだけど… | Main | いよいよ葬儀当日です。 »

コピーライターへの道」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/71250/57652629

Listed below are links to weblogs that reference <コピーライターへの道23>:

« 葬儀には参列したいんだけど… | Main | いよいよ葬儀当日です。 »