« <コピーライターへの道21> | Main | <コピーライターへの道22> »

葬儀の準備は続きます。

●葬儀の枠組みは決まりましたが、こまごまとしたことを山のように決めていかなければなりません。祭壇の飾りつけのこと、花の量と種類、棺の種類、お通夜の振る舞いの内容、会葬御礼の内容、告別式でお出しする食事(昼時でした)などなど。
●このあたりまでは想像の範囲でしたが、それを少し越えていたことが3つばかりありました。最近の葬式はこうなっているのかと。
●1つ目は、「演奏はいかがいたしますか?」。葬儀と言えば、導師の読経の流れる中、粛々と焼香の列が続く、というイメージだったので、聞かれたときは「へ?」という感じでした。聞けばエレクトーンの演奏のサービスがあるとのこと。「皆さんご利用いただいています」とのことなので、お願いすることにしました。結果としては、良かったかな。とても和やかな雰囲気になりました。
●2つ目は写真。受付の辺りに、故人の写真を引き伸ばして飾り、参列者の方に在りし日を偲んでいただけるコーナーを用意できるということで、父の住まいから持ってきていたアルバムから、母と一緒に写っている写真をチョイスし、飾っていただきました。遺影を用意するときに一緒にプリントしてしまえばそれほど手間もかからないということなのかな。メッセージノートもあり、皆さんからメッセージをいただきました。
●3つ目は会葬御礼に載せるメッセージ。「このたびは故人のためご参集いただき云々」という定型的なものではなく、「オリジナルのメッセージを、コピーライターが取材して作成します」という説明を斎場の方がし始めたら奥さんが笑い出しました。「うちの主人もコピーライターなんです」といったら斎場の方も絶句。よろしくお願いしますと言って、取材を受けることにしました。つやの前々日に電話で取材を受けましたが、私のことは伝わっていたらしく、心なしか声が緊張していました。
●完成したメッセージはさすがに一味違うもので、参列した同僚のコピーライターから「自分で書いたんですか?」と聞かれました。
●どんな商売でもみなさん工夫されているんだなあ、ということを実感する機会でした。

(続きますよ)

|

« <コピーライターへの道21> | Main | <コピーライターへの道22> »

父のこと」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/71250/57614532

Listed below are links to weblogs that reference 葬儀の準備は続きます。:

« <コピーライターへの道21> | Main | <コピーライターへの道22> »