« いよいよ葬儀当日です。(2) | Main | いよいよ葬儀当日です。(3) »

<コピーライターへの道24>

■最初に勤めた小さな広告代理店を辞め、これまた小さな制作プロダクションに移籍したのは1993年の3月のことでした。入社時11人いた同期は私が辞めたことで3人にまで減ってしまいました。早くて3年、辞めるやつは5年ぐらいで辞めていました。この業界では普通かな。11年勤めたのは長いなあ、と当時は思っていましたが、今勤めている会社はもう13年目ですからねえ。
■すでにバブルは弾けていましたが、そのプロダクションがお付き合いしていた業界には、まだその影響が波及していなかったのでした。ですから、下世話な話ですが前職より高い報酬も提示していただきました。クライアントさんとの関係もよく、仕事は安定しているはずでした。しかし、こういう考えを持つと駄目ですね。
■仕事の内容そのものはやりがいもあり、経営方面にも多少タッチすることもでき、充実した日々をすごしていました。しかし、景気の波に抗うことはできませんでした。
■年2回のプレゼンのたびに発注の本数自体が減っていき、売り上げもそれにつれて下降線をたどっていきました。新たなクライアントの獲得を、と私も伝をたどって動きましたが、「そんなことより本来の仕事をすべし」という経営者と溝ができていくと言う結末に。結局会社規模を縮小、と言うことになり、「外でがんばってくれたまえ」と言うことになりました。
■前年には結婚していました。病気の親を持つ40男のところに来てくれた奥さんのためにがんばるぞ!と思っていた矢先にこの事態。いきなりとんでもない目にあわせることになってしまったのでした。

(あまり思い出したくない話ですが、続くよなあ…)

|

« いよいよ葬儀当日です。(2) | Main | いよいよ葬儀当日です。(3) »

コピーライターへの道」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/71250/57713652

Listed below are links to weblogs that reference <コピーライターへの道24>:

« いよいよ葬儀当日です。(2) | Main | いよいよ葬儀当日です。(3) »