« <コピーライターへの道26> | Main | <コピーライターへの道28> »

<コピーライターへの道27>

■働いていたプロダクションの社長から解雇を告げられてから1ヵ月半ほど。在職のまま次の仕事を探していたわけですが、何とか入社できそうな会社が見つかりました。とは言え最初の面接でいきなり「しばらく仕事してもらった上で適性を判断したい。いつから勤められる?」と社長から聞かれるなど、よく考えれば「初手から怪しい」会社であったわけですが。(いきなり社長面接ってのもどうなんだ?)
■まだ存続している会社なので(なんてこった)あまり具体的なことは書けないのですが、私が体験したこと、あるいは実際に見たことを挙げてみます。
■試験的に2週間ぐらいだったかな、勤務した後、「試用期間」ということになりました。仕事は自社媒体をクライアントに売り込み、契約が取れたら掲載する広告誌面を提案し、制作するというもので、自社媒体の知名度がまったくないのでその点苦労はしましたが、やること自体は今まで経験したことであり、何とかやって行けるだろうと思いました。
■試用期間に、と言われたので、会社もある程度「使える」と思ったのだろうと考えていました。11月の初めから3ヶ月。そろそろ試用期間が終わる1月末になっても正式契約の話がありません。同時期に入社していた営業セクションの連中と話してみても同じような状況だったので、社長に話をしたところ、「まだ正社員の働きじゃない」だと。
■そんな話でしたか?と言ってもまともに取り合ってくれません。いろいろ言い訳をしつつ、「あと1ヶ月様子を見よう」と言い出しました。う~ん、これはどうも、と思い職探しを再開するわけですが、結局この年の7月に解雇(今考えても悔しいぞ)されるまで、正式契約にはいたりませんでした。何だったんだ一体。
■そしてこういう体験をしているのは決して私だけではなかったのでした。

(続いちゃうか)

|

« <コピーライターへの道26> | Main | <コピーライターへの道28> »

コピーライターへの道」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/71250/57819038

Listed below are links to weblogs that reference <コピーライターへの道27>:

« <コピーライターへの道26> | Main | <コピーライターへの道28> »