« August 2013 | Main | November 2013 »

七回忌<母のこと21>

●早いもので、母の七回忌がやってきました。命日は今月の27日ですが、諸般の事情から今度の日曜日に執り行うことにしました。戒名をいただき、父の葬儀の際にもお世話になった川崎の東樹院多門寺でお経を上げていただき、その後墓に参ろうと考えています。
●以前このブログに「母のこと」のカテゴリーで記事を書いたのは三回忌のとき。2009年のこと。まだ奥さんは病気が癒えず実家に。息子もそちらにいて私は単身赴任状態。実家まで二人を迎えに行き、法要が終わるとまた二人を実家に送り届けるというハードな三回忌でした。
●それから4年。早かったなあ、と思いましたが、早いはずだよ。2010年には何とか奥さんも日常生活が普通に送れるようになり自宅に帰還。息子と3人の暮らしが始まり、保育園だ幼稚園だと騒いでいたと思ったら次の年の3月には東日本大震災。
●息子も幼稚園に通い始め、奥さんもそろそろ本格的に社会復帰、と考え始めた昨年末、父が体調を崩し、年明けにははかなくも死去。後始末も何とか終わったところですからねえ。
●そんなどたばたを、母はどこかで見ていてくれたでしょうか。まだ先になるとは思いますが、ぜひ聞いてみたいものです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

父亡き後(5)父からのメッセージ その1

●いつまでも暑いですね。夏休みが終わったらこのブログもガンガン書いて行くぞ、と思っていたのですが、夏前半、と言うか今年前半の疲れが出たのかすっかりバテてしまって、仕事をするだけで精一杯という日々が続いてます。いかんなあ。
●とか何とかいいながら、ちょっと思い出したことがあるので、更新しよう。

●父が亡くなって、保険や残したお金、住まいなどを整理せねばならんということになったとき、気になったのは、まず遺言書のようなものを残していないか、ということでした。
●数年前から、万一のときに備えて保険や持っている口座について、まあ誰でもわかるようにしておこうと話し合いをして、年に何度かお互いに情報を確認してきていた。(それでも知らない保険が後になって出てきたりするからかなわない)
●そんなときでも「遺言書を書いた」という話はなかったので、まあないだろうと思っていたら、妹が入院費用として預かっていた現金の入った小さなバッグの中に、私と妹の名前が書かれた封筒があるのを、妹が葬儀の最中だったか直後だったかに発見した。
●中を見てみると、いわゆる遺言という類ではなく、毎年確認していた資産の目録と、「親戚と仲良くやるように」という言葉が書いてあった。親戚づきあいの価値など一顧だにしなかった男のあまりにも意外な言葉に、私も妹もその場に思わず膝をついたのだが、その次の一文を読んで、そのままそこに座り込んでしまった。
●そこには「○○(私の名前)には、マンション購入費用として○○○万円渡してあるので、万一残ったお金を分けるようなことがあれば、●●(妹の名前)には○○○万円余分に渡すように」。

Continue reading "父亡き後(5)父からのメッセージ その1"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« August 2013 | Main | November 2013 »