« あれから1年 | Main | 55歳の高校生。 »

あぶさんが終わってました。

●コンビニでビッグコミックオリジナルをパラパラ見ていたら、あぶさんが最終回だった。思わずそのまま立ち読みをしてしまった(スミマセン)。
●41年続いた連載の最終回とは思えない、何だかしみじみとした終わり方でしたねえ。水島先生、お疲れ様でした。南海が身売りした頃から読まなくなっていたのでよくわかりませんが、よく続いたもんです。
●連載が始まった頃、私は15歳。中学生ではさすがにビッグコミックオリジナルは読んでいなかったので、連載初期のことは知りません。読み始めたのは単行本7巻の「縄のれん」が出た頃ではなかったか(調べたら1975年12月
でした)。誰かから7巻をもらって読んだら面白く、のめりこみました。オリジナルを毎号買い、単行本もさかのぼって購入しむさぼるように読みました。
●何がそんなに面白かったかというと、それまで読んでいた魔球や秘球が飛び交う少年野球漫画にはない圧倒的なリアリティではなかったかと思います。
●あぶさん自体はもちろん作り物ですが、実在の選手や関係者が多数登場し周囲を固めていました。当時の野村南海ホークス監督はもちろんのこと、のちに監督となる広瀬さん。あぶさんと年齢的には同期の「チャイ」こと藤原満さん。のちに国会議員になるとだれが予想したでしょうエモヤンこと江本孟紀氏。リリーフエース佐藤道郎氏。甲子園優勝投手の「ジージョ」こと上田卓三氏。
●選手だけではありません。マネージャーの杉浦さん、「ろくさん」こと鈴木さん。通訳の市原さん。ビデオ係の野田さん、などなど。
●ストーリーはフィクションですが、登場人物の描写はノンフィクションに近く(通訳の市原さんやビデオ係の野田さんにまつわるストーリーやマネージャーの苦労を紹介する回などは、ノンフィクションそのものでした)、当時マスコミに取り上げられることの少なかったパリーグのことがよくわかる、貴重な情報源でした。
る人物は、

●あぶさん自身も、連載後半のようなスーパースターではなく、アンダースローが打てずに2軍で特訓したり(練習相手のアンダースローピッチャーの辻原さん。今どうしているのでしょう)、当時導入された「指名打者」に最適だと思ったのに抜擢されず悩んだり、実に人間的。個人的には共感しましたが、地味だなあ。
●今でもよく覚えているのは、7巻に収められている「ブルペン」。最近ではあまり実施されないダブルヘッダーで、登板に備えるリリーフピッチャー、佐藤さん、上田さん、野崎さん(誰も知らねーよ)らの様子を描いた作品。
●第1試合は当時のエース山内新一さんが完投してリリーフ陣の出番なし。第2試合も先発ピッチャー(名前失念。松原さんかな)の完投ペース。出番のなさそうな代打あぶさんはブルペンに。ウォーミングアップをするピッチャーのためにバッターボックスに立つ。
●試合終盤、チャンスを迎え代打に起用されたあぶさんが快打一発。南海はリードを広げ、第2試合もリリーフ陣の出番はなし。しかしあぶさんがヒットを打てたのも(ブルペンで)「ピッチャーの生きた球見られたおかげ」。この一言でリリーフ陣も報われたんじゃないかと、ジンとくるストーリーでした。
●こんなに実在人物を登場させて、肖像権の問題とか心配でしたが、案の定、後年、登場させた外国人選手から使用料を請求されたというようなこともあったらしい。
●それが原因なのか定かではないが、高齢のあぶさんが三冠王をとるなど「物語としての面白さ」を追求しだしたことを感じるようになって、あまり読まなくなってしまった。一時、全巻そろえていた時期もあった単行本も売り払ってしまった。
●将来、年金をもらうことができた暁には、全巻新たに購入し、ニヤニヤしながら読み直したいと思っている。

|

« あれから1年 | Main | 55歳の高校生。 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/71250/59084732

Listed below are links to weblogs that reference あぶさんが終わってました。:

« あれから1年 | Main | 55歳の高校生。 »