« November 2014 | Main

コピーライターへの道36

■2014年の9月から本格化した求人への応募だったが、最初に書類選考を通って面接にこぎつけたのは12月の初めだったと思う。
■語学教材を刊行している会社で、教材の広報ツールを制作する社内コピーライターの求人だった。面接の日程を調整し、有休を取り神泉、というか東急本店近くの事務所まで雨の中、出かけて行った。
■息子の小学校内部進学のための面接は経験したいたが、自分のための面接なんて2000年以来だったので何だか新鮮だった。
■しかし面接の内容は「面接マニュアル」みたいな質問ばかりでちょっとがっかり。なぜ私に会いたいと思ったのか、ということを聞いたら、「現役のコピーライターの方の応募が初めてだったから」というようなことを言われた。どういう人材が必要なのか、あまりはっきりしていないな、という印象だった。
■まさかの適性検査なども実施され、もやもやしたままこの日は終了。残念だけれどこの会社ではやっていけないなあ、と思ったわけだが向こうもそうだったようで、次の日だったか「今回は…」というメールが来て、この件終了。
■こうして、何とかしなけりゃと思いつつ、何の進展もないまま2014年は終って行ったのだった。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

コピーライターへの道35

■コピーライターへの道33に書いた内容を、差し障りのない範囲でもう少し詳しく。2014年の夏だったと思うが、ざっくり言うと、来年の4月以降の身の振り方を考えるように、という話が会社からあった。
■その時点で56歳だったので、同級生には同じような状況を迎えている連中もいたが、彼らの場合概ね大企業勤務で、制度的にその年齢を迎えていたケースであった。
■当時所属していた会社にそんな制度があると聞いたこともなく、経営状況も良いとは言えなかったが、寝耳に水という感じだった。
■早期退職制度も提示され、会社を離れる日が近いことが現実感をもって目の前に迫ってきた訳である。33にも書いたが、56歳という年齢でもあり、いつまでもこの会社で、とは考えてはおらず、いくつか転職サイトに登録したり、転職サービス会社に1、2度話を聞きに行ってはいた。
■しかしながら、具体的なアクションは何一つ取っておらず、転職準備を始めるか、ぐらいの気持ちでしかなかった。フリーランスとしてやって行ける、と思えるほどの見通しは未だ無く、まあ、あらゆる可能性を求めていかなければならないなあ、という状況だったのだが、会社の方が気持ちのスイッチを強引に入れてくれたようなもので、9月に入って、転職活動にぐんと力が入ったのである。
■求人自体は思ったよりあるなという印象で、登録していた私のレジュメを見て「応募してください」という連絡も少ないがあった。(まあ、結局すべて落とされたのだが)
■可能性のありそうな求人にはすべてエントリし、履歴書、経歴書、制作実績を送り付けるという日々であった。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

コピーライターへの道34

■このブログには2年近く書き込みをしていなかった。前回の記事は2014年11月。サラリーマンを辞めざるを得ないというような泣き言を言っていた。
■結局その後転職、短期の会社勤務を経て昨年の8月からフリーランスとなり、何とか1年生き抜くことができました。
■息子が不安になるようなことだけはしちゃいかんと思って頑張ってきましたが、その分奥さんには負担を掛けたと思うし、今もまあ本人としては先のことはどうなることやら見当はつかない。しかし、出来ることはいろいろあることに気付くことができたのはありがたい。
■いい年してようやくか、と思う方もいらっしゃるかと思いますが、そうなんだから仕方がない。スロースターターなのは小学生の時からじゃ。
■「コピーライターへの道」なので、これからフリーランスのコピーライターとしてはどうなんだ、というような話を書いていきたいが、どうなることやら。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« November 2014 | Main