« March 2019 | Main | May 2020 »

新コロナ日記20200428

●とうとう誕生日が来た。まさかこんな状況で迎えるとは思わなかったが、62歳である。若い頃、「2000年には42歳だぜ、うへえー」とかなんとか言いながらみんなで酒を飲んでいたが、それから20年だよ。

●でも、やってることは変わらない。Facebookで、中学・高校以来の友人からたくさんメッセージをもらったが、「終息したらまた飲もうよ」ばっかり。まあ、今ではそれがどんなに貴重でぜいたくなことになってしまったか。

●誕生日とはいえお祝いも自粛なので悔し紛れに餃子を作る。白菜から思ったより水が出たので餡の味付けを濃くしたらこれがドンピシャ。たれつけずに食べてもおいしかった。

●コロナの感染者もまた増加傾向。息子の学校も5月いっぱい休校に。予想はしていたが、6月ごろから何となく戻っていくのかな。もちろん元通りではないが。備えておかなければいかんねえ。

●さて、明日は何作るかな。

Img_20200428_185503  Img_20200428_180151 Img_20200428_201705 Img_20200428_204051

| | Comments (0)

新コロナ日記20200426/2

●こんな話ばかりで気が滅入るが、また訃報である。元TBSのフリーアナウンサー、小島一慶さんが23日に亡くなっていたとのこと。75歳だった。コロナではなく、肺がんを患っていたそうだ。

●早口で、軽妙で、若いころは同じ局だった久米宏さんとイメージが重なる。今はずいぶん違ってしまったが。お二人とも「ぴったしカンカンのMCを担当していた。

●個人的に記憶に残っているのが、中学に入学したころ、TBSラジオで児島さんがDJを担当していた「ヤングポップス1010」という番組。聞き始めた時のテーマソングがピンクフロイドの「夢に消えるジュリア」。後年特長となる早口のしゃべりではなかった。洋楽のヒットを2曲ぐらいかける番組だったが、ちょっと流行を先取りするような選曲だったように思う。おかげでいろんなアーティストを知ることができた。

●少し早い時間に文化放送では「みのもんたのカム・トゥギャザー」というのをやっていて、こっちはその時のバリバリのヒット曲をかけまくっていた記憶がある。T・REXとかよくかかっていたなあ。みのもんたのしゃべりは後年、プロ野球ニュースの「珍プレー好プレー」のナレーションに通じるものがあった。

●中1のころは大体この2つの番組を聞き終わると寝ていたが、すぐにどんどん寝る時間が遅くなり、セイヤング、パックインミュージックのリスナーとなり、落合恵子さんに読まれたくてハガキを量産する中学生になっていくのである。

●ハガキを読まれることはなかったが、クラスメイトのO君が読まれたことがあって、その時はちょっと興奮した。

 

| | Comments (0)

新コロナ日記20200426

●昨日のうちにアップしようと思っていたが寝てしまった。もっと積極的に休養を取った方が良いのかな。運動ももっとしなくては。

●疲れはあるが、そのほかは今のところ異常はない。発熱もなし。家族も元気でありがたい。

●政府、行政関係では相変わらず真面目にやっているのかと思うような新型コロナ対策が続いているが、やはりよく覚えておくべきは大阪府が休業要請に応じないパチンコ屋の名前を発表した、という件である。

●📺のニュース見てたらパチンコ屋の従業員は「昨日の倍ぐらい来客がある」と言っていたし、来店していた客は「どこがやっているか探さなくて済むので助かった」と話していた。まあ、こういう声をそのまま放送に乗せるのもどうかと思うけどさ。

●集客をサポートしてどうする(笑)。こうなることは容易に想像できたし、SNSでも多くの人が指摘をしていたが、大阪府知事は、店名を公表したらパチンコ屋が営業を止めると本気で考えていたのだろうか?誰か知事を止めなかったのだろうかとも思うが、止めたら余計やりそうだしな。

●パチンコ屋を感染源としたクラスターが報告されないのも不思議だが、もし発生したらそのお店は直ちに営業停止だろう。感染者は多数発生するだろうし、それらの人から、パチンコはもちろんいろんなことを自粛している人にも感染は広がる。

●今回の措置で大阪府は何がしたかったのだろうか。まだ見ぬ(ままに終わりそうな)アベノマスク2枚もそうだが、本当に訳が分からない。真剣に取り組んでいない政治家がいないのは恐怖だが、真剣に取り組んでこの体たらくだとしたらもっと怖い。

| | Comments (0)

新コロナ日記20200424

●本日も元気に起床。昨日の作業の続き。息子は「終わった」「やった」という発言に疑義が発生し、ママが仕事をしながら勉強の監視をすることになりました。

●今日は一日外出せずに過ごせるかと思ったが、マンションの管理費修繕積立金駐車場料金を口座に入金せねばならんことが判明。作業終了した仕事の請求書も投函せねばならんので仕方なく自転車でK駅近くへ。

●イオン銀行でお金を引き出したときは周囲にお客さんはおらず助かったが、入金に行った別の銀行のATMは4台とも埋まっていて密だった。何とかしてくれKB銀行。

●まったく日常的なミッションなのに気分は命がけである。敵が見えないので常に臨戦態勢なのだが、まったく異なる心構えや気分の人がすぐ隣にいる可能性があるというのが、これまた命がけ感に拍車をかける。早く終息して欲しいもんである。

●が、しかし、5月6日までの緊急事態宣言は延長せざるを得ないだろうという見通しが、メディアやSNSに表れ始めている。現政権の対応を見れば、あと2週間で感染者の増加に歯止めがかかると思う方がどうかしている。

●例のマスクはいまだに届いていないが、不良が認められたものはすべて回収されるというのが今日のニュース。もうやめればいいのにあろうことか、配布はあきらめないというし、今日になってPCR検査待ちで自宅待機中の人の人数を把握するという。

●能力がないのかやる気がないのか、おそらく両方だと思うが、この状況がしばらく続くのかと思いながら夕食の用意をする。

●メインはガリバタチキン(市販の合わせ調味料を使いました)。付け合わせは野菜のマリネというかピクルスというか。ご飯も炊いてあるし、今日はみそ汁は省略。あ、おいしくてパクパク食べてしまい写真撮るの忘れた。

| | Comments (0)

新コロナ日記20200423

Img_20200423_202253

●今日の夕食は、奥さんの叔母さんが送ってくれた菜の花があったので、チラシ寿司を作った。夕方から干しシイタケと切り干し大根を戻し、砂糖、醤油、みりん、戻し汁で煮付け、煮汁で小さく刻んだニンジンをさっと煮たものがベースの具。刺身が欲しかったけど冷蔵庫にないのでシーチキンで我慢。湯がいた菜の花と錦糸卵とを作ってばらまき、息子に海苔をちぎってかけてもらったらビジュアルが真っ黒になった。

●みそ汁はなめことネギ。息子と奥さんの評価はまあまあ。安い刺身でも手に入ったらまたチャレンジしてみよう。

●今日も朝から奥さんはリモートで仕事と格闘。私は取材済みで延期になっているインタビューの文字起こし。息子は塾と学校の課題が進んでおらず奥さんにケツを叩かれながら取り組む。夕方からは個人指導塾の先生とSurfaceとiPadを操りながらオンラインでやり取りをするというリモート家族。私が一番作業量も少なく時間の自由も聞くので、今のところ食事担当になっている。

●本日もコロナ感染は止まらない。まあ、検査数が不明なので感染者数を云々しても仕方がないが、慶應義塾大学病院での検査で、一般患者を多数検査したところかなりの率で新型コロナ感染者がいたというデータなどから考えると、感染者数以上に事態は深刻化しているのではないかと思う。

●しかし、それも現状では憶測の域を出ない。死亡者数がイタリア、アメリカに比べ少ないのは事実だが、まっとうなデータがないがために比較して考察することができないのが、新コロナウィルスの感染が始まって以来のもやもやというか未消化感の原因であろう。

●本日亡くなった方の一人に、タレントの岡江久美子さんがいた。63歳。ほぼ同年齢。乳がんを患い放射線治療中で免疫力が落ちていたとのことだが、症状が出てしばらく様子見、急変して入院して間もなくICUへ、そしてPCR検査、感染確認… 基礎疾患があるわけだから、なぜまず検査をしなかったのか。

●どうも不安と心配ばかり増えるニュースばかりである。

| | Comments (0)

« March 2019 | Main | May 2020 »