« 自分インタビュー[0006]20200720 | Main | 自分インタビュー[0008]20200902 »

自分インタビュー[0007]20200722

20200606190435

●梅雨は明けませんが、夏休みはやってきますね。麒麟はまだ来ませんが。

●自分インタビュー、続けます。

 

Q 周りはどんな方が住んでいましたか?

A 新しい団地だったので、若い家族が多かったように思います。うちだって、父が33歳、母が28歳、私が3歳から4歳になる年ですからね。上の写真は入居当時の百合丘第2団地を弘法の松公園から撮影した写真。団地以外何もないような状況ですね。周りには同じような年の子供が何人かいて、幼稚園や小学校、中学校を通じて付き合いが続くことになります。中学時代、高校時代の同級生との付き合いが数年前から復活していて、幼稚園からの同級生としばしば飲む機会があります。

Q 長いですね。

A 幼稚園からだと60年近いですからね。まあ、大学、社会人での付き合いは全くなかったりするんですけど。

Q それにしてもよく付き合いが続きますね。

A ずっと地元に住んでいる友人がいて、いろいろ企画してくれるので。ありがたいですね。

Q 当時仲良しだったのは?

A 団地の同じ棟の隣の階段に同い年の女の子がいて、当然すぐに仲良しになり良く遊んでいました。幼稚園、小学校は一緒。小学校になるとやっぱり男の子と遊ぶのが面白くなって、あんまり交流は無くなったかな。近隣の団地に住んでいる連中が集まって、毎日遊びまわってました。ちょっと年上のあんちゃんがいて(おそらく中学生だと思う)、リーダーみたいになって、鬼ごっこや缶蹴りをやってました。

Q チャンバラは?

A さすがに年齢的にチャンバラは無かったかな。昔の話によく出てくる「水雷艦長」とかの遊びもなかったと思う。鞍馬天狗はもちろん、月光仮面もちょっと昔ですね。

Q アトムやウルトラマンは?

A そのあたりのテレビのキャラは小学校になってからですね。あんまりごっこ遊びはしなかったと思います。ただ走り回るだけ。団地と団地の間の芝生のスペースとか、団地から外れたらすぐ空地。遊ぶ場所だけは嫌というほどありましたからね。

Q 隣の階段の女の子は?

A やっぱり男の子と暴れまわるのが楽しみで(笑)。小学校は一緒でしたが、中学校はどうだったかな。途中で転校したような気もするな。

Q 暮らしぶりはいかがでしたか?

A 父親の仕事も変わらず、何か変わったという印象はありません。今から思えば貧乏の範疇でしょうが、ひもじかったり(笑)苦しかった覚えはないです。親は大変だったのかもしれませんが。

Q 川崎までの通勤は大変ではなかったんでしょうか。

A そうですねえ、百合丘の駅までは徒歩、小田急線で登戸まで、南武線に乗り換えて川崎。川崎駅からはバスで日本鋼管京浜事業所まで。ネットで調べたら1時間40分ぐらいかかりますね。

Q 駅までは歩きですか?

A バスもあるんですが、バス通りが迂回するような形になっていて、自宅至近のバス停は駅とは反対方向に少し歩く位置関係だったので、だったら駅まで歩こう、ということですね。我々家族も駅まで歩いてましたね。ご存知かもしれませんが、百合丘のあたりの小田急線は、多摩丘陵の端っこのあたりを五反田川に沿って、谷底を縫うように走ってます。生田も読売ランド前も百合丘も、駅のある場所が一番低くて、駅を挟んだ両側の尾根伝いに町が広がるという構造になっています。ですから、駅に向かうのは下り坂になっていて、出勤時は下っていくので楽なんですね。そのかわり帰宅時はずっと上り坂。慣れるまでは大変だったんじゃないかなあ。そして翌年になると、幼稚園に通うようになります。

20200606190355

●112号棟 前面の芝生も未整備。脇の道のガードレールも未整備です。

●続きます。

|

« 自分インタビュー[0006]20200720 | Main | 自分インタビュー[0008]20200902 »

人生を振り返る」カテゴリの記事

自分インタビュー」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 自分インタビュー[0006]20200720 | Main | 自分インタビュー[0008]20200902 »