鉄道ファンを見て思うこと

このところ仕事が立て込んで、毎週末の実家行きも金曜日の終業後という訳には行かなくなっています。金曜日遅くまで仕事をして、帰宅後家の掃除や洗濯。少しだけ寝て早朝の電車に乗って実家へ向かいます。

今まで暗闇の中だったので気がつかなかったのですが、朝の光の中、宇都宮線に乗って外を見ていると、あちこちにカメラを構えた鉄道ファン、鉄ちゃんがいることに気がつきました。

周囲が田んぼで見通しの良いところ、線路が少しカーブしていて、そのクリッピングポイントに踏み切りなんかあった日には、確実に電車の通過を待ち構えています。

早朝からみんなすごいなと思いながら見ていたのですが、そのうちあの情熱を何とか良い方向に利用できないかと思うようになりました。で、こんなアイデアを考えました。線路内に立ち入って起きるトラブルも防げるのではないか。

そのアイデアとは。
線路内の敷地を利用して、公式の「撮影スポット」を作るということです。鉄道ファンが集結する有名な撮影スポットが全国に存在しています。そこに、安全に撮影できる撮影小屋を作り、有償で利用してもらうのです。

OBを活用するなどして、撮影や路線のことに詳しいガイド的な人材を配置しておけば、利用者にも感謝されるばかりか、事故防止など安全管理の上でも好都合ではないでしょうか。初心者の方でも安心です。

「自分だけのスポットを探すのが生きがい」というエクストリームなファンには敬遠されるかもしれませんが、初心者の方や子どもと一緒に撮りに行きたいというファンには受けるでしょう。暖房など小屋の環境を快適なものにしておけば、金と良いカメラはあるが体力的にちょっと、というシニアファンの間でも人気が出るかもしれません。

旅行会社と組んで、撮影小屋めぐりのパックツアーなんか売り出せば、いわゆる「鉄ちゃん」ではない新たな鉄道ファン層の掘り起しができるんじゃないか、などということを考えているうちに、湘南新宿ラインは小山に到着していました。


い出した。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

息継ぎ

「息子が水ぼうそうにかかったので世話しに来て」と奥さんからSOSが来たので、予定を変更して今週末も家内の実家に行きました。

金曜夜、21:24新宿発の電車で最寄のS駅に向かいます。
読んでいた文庫本から目を上げると、車窓の内側に映っていた、死人のような顔をした男と目が合いました。

自分の顔だとは分かっていましたが、その不健康そのものという顔つきに、少しショックを受けました。目が窪んでいるのが、とてもいやな感じを醸し出しています。ほほが少し垂れ下がった感じが、老人、と言うか自分の父親にとても似ていて、一気に十ぐらいふけた感じでした。
まぶたの二重が深くなり、疑り深く狡猾な顔つきの中年がくたびれた顔で立っていました。

乗換駅に近くなり、席が空いたので腰掛けたところ、すぐに気を失うように寝入ってしまいました。乗り換え案内のアナウンスを聞いて、目が覚めました。乗り継ぐ電車はその線の最終だったので、乗り過ごしたらアウトでした。

最寄り駅まではお義父さんに迎えに来てもらいました。忙しいのに申し訳ないです。

2日間たっぷり発疹だらけの息子の面倒を見ました。息子は病気とは思えないほど元気に動き回ります。奥さんからSOSが来るはずです。

日曜日夕刻、息子、家内と別れ自宅に戻ります。いつも帰る時間の電車は、基本的に座れます。向かいの車窓には、金曜日の夜とは全く違った、ふやけたような顔をした男が映っています。

食事も一人暮らしの自宅でのものとは違って充実していて、夜も、息子に何度か起こされるとは言え、睡眠時間はいつもより確保できます。息子の世話以外に物を考えなかった、と言うことが顔に書いてあるようです。

家内と息子のそばで大きく息を吸って、無呼吸で潜水を続けるような日常へと戻る。
どこまでこんな生活を続けられるだろうか。Dscf2673

| | Comments (0) | TrackBack (0)

もうすぐ1歳

Tannbo
早いものでもう7月。奥さんが出産のために実家に帰って以来、1年が経ってしまいました。息子を出産後、短期間自宅に戻りましたが、たちまち病を得、自宅近くの病院に入院→実家近くの病院に転院→実家で療養という経過を経て、未だに実家で暮らしています。主因であるバセドウ病については、放射線治療の効果で回復に近づいており、後は体力の回復を待つばかりなのですが、抵抗力が落ちているんですかねぇ。保育園に通い始めた息子がもらってくると思しき風邪に感染しまくっています。本復までは今しばらくかかりそうです。その息子も今月の末で満1歳。実家のお義父さん、お義母さん、義弟夫婦や叔母さんら、みなさんのお世話になりながら、なんとか元気で育っています。つかまり立ちができるようになったので、目が離せません。「そっちへ行くな」と言って抱き上げると今8本生えている歯で、肩や腕に噛み付くので、油断なりません。
私は週末だけしか実家へ行けず、子どもの相手をしているのは、まだ「楽しい」と感じる余裕があるのですが、毎日相手をしている奥さんやお義父さん、お義母さんは大変だと思います。本当に感謝の気持ちで一杯です。仕事もあり、週末、行けないこともあったのですが、息子にかかる労力が増えていくので、毎週必ず行けるよう、がんばろうと思います。
今週も金曜夜には行けず、土日の1泊で帰ってきました。写真はいつもの散歩コースの途中です。田植えから2月ほど経った田んぼの稲は、日に日に背が伸び、緑も濃くなっています。湿気も多く、筑波山も霞んでいました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

里帰り出産

土日を使って、里帰り出産をする奥さんを実家に送り届けてきました。やはりお母さんの近くにいるのが安心だろうということです。私の母が生きていれば、きっと世話を焼きたかっただろうな。父親はともかく、母親と奥さんはうまくやっていけたんじゃないかと思います。(詳細はこちらに。よろしければお付き合いください)

奥さんと入れ替わりに、母親の遺骨が我が家に戻ってきました。佐野への転居以来、6年ぶりです。来週、東樹院での引導作法をしていただくための準備です。

そんなこんなで行ったり来たりしていたので、「多摩高19期同期会を成功させよう」ブログに新たなエントリーを投稿しなければならないのですが滞っています。k本さん、もう少しお待ちください。

| | Comments (0) | TrackBack (0)